カードローンの基礎知識 > カードローンの知識 > カードローンの知識

カードローンの知識

カードローンの知識


カードローンとはそもそもどういう仕組みになっているのでしょうか。

簡単に云うとクレジットカード会社でのローンの申し込み時に、カードの利用限度額というものを決めるのですが、その利用限度額とは別に、カードローン利用限度額を決めるのです。

会員ごとに、それぞれ個別の審査を行って、利用限度額が決まります。その利用限度額の範囲内であれば、自由にお金を借りることが出来るシステムなのです。

会員ごとに決められる利用限度額は、基本的には50万円、または年収の10%となっています。その限度枠の範囲内ならば、何回でも、ATMなどでいつでもカンタンにお金を借りることが出来るのです。

キャッシングもお金を借りることをいいますが、個人向けの融資と考えた方が適切です。

その返済は、一括で支払わなければなりません。

金額については、キャッシングよりもカードローンの方が多く借りることが出来ます。もちろん返済しなければなりませんが、カードローンの場合はリボルビング払いが出来ます。これは分割して支払う方法です。

カードローンを扱う金融機関によって、種類が分類されます。

銀行系のカード、信販系のカード、消費者金融系カードがありますが、それらのカードローンにはそれぞれ特徴があります。

銀行系カードで借りる場合のメリットは、利息が低いので無理なく返済することができることです。しかし審査が非常に厳しく、借りるまでに時間がかかってしまうのがデメリットです。

信販系のカードを使うときのメリットは、クレジット機能が付帯していることです。お金を借りること以外にも、カードを使ってショッピングが出来るのです。その際にローンも組んで返済することも出来るのです。利息はやや高いですが、銀行系のカードと比べて審査が早いので、申込みをしてからすぐに借りることが出来るのもポイントです。

審査がどこよりも早くてすぐに借りることが出来るので非常に便利なのは消費者金融系のカードです。ただし、デメリットもあり他のカード会社に比べて借り入れ利率が非常に高く、返済額を他の銀行系や信販系のものを利用したときと比べると、かなりの違いが出てきます。

カードローンを利用するときには、無理のない返済を心がけるためにも、しっかりと情報収集してカード会社を選びたいものですね。

カードを作る際には、メリット・デメリットを理解し自分の返済スタイルに合ったものを選択することがポイントです。しっかりと利点を理解した上で、どのカードローンにするか決めましょう。

誰でも生活していれば、急にお金が必要になるときもあります。毎月のお給料では足りない時もありますから。

<<カードローン地獄 | カードローンの基礎知識トップへ | カードキャッシング時の心構え>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。