カードローンの基礎知識 > キャッシングローンの基本 > キャッシングローンの基本

キャッシングローンの基本

キャッシングローンの基本


クレジットカードなどのローン専用のカードを使用して受け取る小口の融資のことを、カードキャッシングといいます。

キャッシングローンは、通常ATM(現金自動預払機)やCD(現金自動貸出機)を利用して、融資の手続きができて、お金を借りることが可能です。

カードによるキャッシングを利用した場合の返済方法には、銀行の自動引き落としやコンビニでの支払い、ATM(現金自動預払機)、CD(現金自動貸出機)などの方法があります。

カードキャッシング返済の日、はキャッシングの契約時に決定します。

返済方法は、ほとんどの場合、月1回になっており、他には回数や金額を指定する方法や幾つかある中から選択する方法もあります。


カードキャッシングを利用した場合の利息は、通常の場合は1日単位でかかります。

ですから返済が一日遅れても、その日の分だけでも利息が加算されてしまうので注意が必要です。

逆にいえば、借りた日に全額返済すれば利息は原則かかりません。カードでのキャッシングを利用した場合の利息の上限は、29.2%までと法律で決められており、だいたい年8%〜20%くらいになっています。

キャッシング会社の借り入れ利息の比較も無駄な出費を抑えるためにも大切ですが、返済方法についてはっきりとした計画を立てておくこともカードキャッシングを利用して借り入れする時には、注意することが必要です。

自分自身が返済できる範囲内の金額を借りるようにしましょう。そして利息の増え方などもしっかり把握しておく方が、キャッシング利用後のスムーズな借入金の返済に繋がるのです。

<<カードキャッシング返済の方法 | カードローンの基礎知識トップへ | キャッシングカードの申込みをするには>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。