キャッシングローンの基本

キャッシングの基礎知識

銀行から受ける融資と、キャッシング融資とは、借り方や対象が異なっています。

個人を対象とした少額の融資がキャッシングで、担保や保証人を必要とせず、申込者の信用情報によって素早く融資します。

キャッシングは用途が自由なものがメインで、どのような事にお金を使っても問題はありません。利息は利用日数により計算され、借りてから返済迄の利用期間が短ければ、利息も少なくて済むという合理的な仕組みになっています。

年会費、あるいはカード発行にかかる手数料は発生しません。

インターネットのホームページからキャッシングの申請が可能なネットキャッシングも拡大しており、契約を手軽にできるようになりました。目の前にあるパソコンや携帯電話からキャッシングの申込みが可能な為、誰と顔を合わせる事も無く手続きが出来ます。

キャッシング審査は一般の店頭申込みと全く変わりありません。様々なキャンペーンを行っていたり、融資条件が店舗手続き時よりよいことなどもあります。

キャッシングを利用している人の中心は、20代〜40代の方が多いようです。大規模な調査において、今迄キャッシングを利用した事のある成人は、60%以上もいるという調査もあるくらい利用者の幅は広くなっています。

キャッシングで借りたお金の使い道は人それぞれですが、女性は被服費や生活費、男性は交際費などが主となっているようです。

キャッシングローンの基本

キャッシングローンの基本


クレジットカードなどのローン専用のカードを使用して受け取る小口の融資のことを、カードキャッシングといいます。

キャッシングローンは、通常ATM(現金自動預払機)やCD(現金自動貸出機)を利用して、融資の手続きができて、お金を借りることが可能です。

カードによるキャッシングを利用した場合の返済方法には、銀行の自動引き落としやコンビニでの支払い、ATM(現金自動預払機)、CD(現金自動貸出機)などの方法があります。

カードキャッシング返済の日、はキャッシングの契約時に決定します。

返済方法は、ほとんどの場合、月1回になっており、他には回数や金額を指定する方法や幾つかある中から選択する方法もあります。


カードキャッシングを利用した場合の利息は、通常の場合は1日単位でかかります。

ですから返済が一日遅れても、その日の分だけでも利息が加算されてしまうので注意が必要です。

逆にいえば、借りた日に全額返済すれば利息は原則かかりません。カードでのキャッシングを利用した場合の利息の上限は、29.2%までと法律で決められており、だいたい年8%〜20%くらいになっています。

キャッシング会社の借り入れ利息の比較も無駄な出費を抑えるためにも大切ですが、返済方法についてはっきりとした計画を立てておくこともカードキャッシングを利用して借り入れする時には、注意することが必要です。

自分自身が返済できる範囲内の金額を借りるようにしましょう。そして利息の増え方などもしっかり把握しておく方が、キャッシング利用後のスムーズな借入金の返済に繋がるのです。



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。