カードキャッシング返済の方法

カードキャッシング返済の方法


お金を借りたときに一番気になる利息ですが、カードキャッシングの場合は、金利の表示は年利になっていますが、実際の計算は日割りで利息がつくようになっています。

実は借りた日その日に返済すれば金利はつきません。

日割りで利息を計算するので、借りたその日は日数に含まれないのです。

利息の計算方法は「利息 = 借り入れ金額 × 実質年率 ÷ 365(日) × 利用日数」です。

また、カードキャッシングの返済方法はいろいろな方法があります。

カードキャッシングをした場合の返済方法はいくつかありますが、返済方法の1つにリボルビング払いというものがあります。

この返済方法はリボ払いとも呼ばれています。この方法は毎月定額をカードでキャッシング返済することで、合計残高を減らしていく方式です。リボ払いと呼ばれる、リボルビング返済方法は、毎月の返済する金額が一定なのが特徴です。返済金額が一定なので利用金額により借金返済回数が決められます。

返済の方法は大きく分けて3種類ほどあります。

1つ目は、支払額が毎月一定の定額方式、2つ目は指定した一定額に加えて利息を支払う定率方式、3つ目は、段階的に返済定額や定率を変更する残高スライド方式です。

このようにリボ払いによる返済方法は、返済金額の算出方法によって各種方法が異なります。

カードキャッシング会社で借入金の返済方法で多く採用されているのは3つ目の「残高スライド方式」です。

この返済方法は借り入れしている残高によって、返済する金額が変化(スライド)するのが特長です。元金均等方式(がんきんきんとうほうしき) は、借り入れ元金を返済回数で割った金額に対して、月々の利息を加えた額を返済します。

この元金均等方式による返済方法は、借入金の利息は元金の残高に対して発生するので、返済を続けていくにつれ毎月の返済額が減っていくのが特徴です。

このほかにも、毎月の返済額を一定額に設定できるのが特徴の元利均等方式(がんりきんとうほうしき)と呼ばれる返済方法があります。
毎月の返済額を一定して、借り入れ元金部分と利息部分の割合が変化する返済方式です。

元利均等方式の返済方法は、住宅ローンや事業資金など高額のローン返済に用いられることが多い方式の一つです。

ローンの返済をスタートした当初は利息部分が多く、ローン返済回数が進むにつれて、だんだんと元金の返済部分の割合が大きくなっていくのが特徴の返済方法です。

カードキャッシング時の心構え

カードキャッシング時の心構え


カードキャッシングで即日お金を借りることができるといっても、それは自分のお金ではありません。借りたお金は自分のお金では無いこと。借りてきたキャッシング会社のお金だということを忘れないことです。

返せる範囲でのみお金を借りることが大事です。

金額が大きくなると、自分のお金でもないにもかかわらず、それが自分のお金と錯覚してしまいがちです。その気分が癖になり、自分の口座からお金を引き出すような感覚でカードで借り入れを行い、そしてカードキャッシング返済に苦労することになるのです。

このような感覚になってしまうと、知らないうちに自分の稼ぐお金よりも、使っているお金の方が多くなっている状態になりがちです。

そうなると毎月の返済がが全く追いつかないということにもなる恐れがあります。

このような怖い状況に陥らない為にも、お金を借り入れする際には、少しでも金利が低くて条件の良いクレジット会社を選ぶようにしたいものです。

返済で困らないようにキャッシングをしている状態をよく把握しておくことです。

とくに現在の借入額、月々のカードのキャッシング返済額、そして完済までの総額と回数を確認します。借り入れしていることを安易に考えないことが大切です。

いまカードキャッシングを利用していているにも関わらず、このような状況を把握できていない人はすぐにでも確認しましょう。

毎月の返済額が収入の20%を超えている人は要注意です。借入している金額が、20%を超えているのであれば、至急、カードキャッシング返済の具体的な対策を立てる必要があります。

最近では各キャッシング会社のテレビCMにも出てきますが、しっかりとした返済計画を立てたうえでキャッシングを利用して、無理のない返済が出来るようにしておきましょう。

しっかりと返済を行っていれば信用がつくので、利率の引き下げや限度額の増額などがあります。

カードローンの知識

カードローンの知識


カードローンとはそもそもどういう仕組みになっているのでしょうか。

簡単に云うとクレジットカード会社でのローンの申し込み時に、カードの利用限度額というものを決めるのですが、その利用限度額とは別に、カードローン利用限度額を決めるのです。

会員ごとに、それぞれ個別の審査を行って、利用限度額が決まります。その利用限度額の範囲内であれば、自由にお金を借りることが出来るシステムなのです。

会員ごとに決められる利用限度額は、基本的には50万円、または年収の10%となっています。その限度枠の範囲内ならば、何回でも、ATMなどでいつでもカンタンにお金を借りることが出来るのです。

キャッシングもお金を借りることをいいますが、個人向けの融資と考えた方が適切です。

その返済は、一括で支払わなければなりません。

金額については、キャッシングよりもカードローンの方が多く借りることが出来ます。もちろん返済しなければなりませんが、カードローンの場合はリボルビング払いが出来ます。これは分割して支払う方法です。

カードローンを扱う金融機関によって、種類が分類されます。

銀行系のカード、信販系のカード、消費者金融系カードがありますが、それらのカードローンにはそれぞれ特徴があります。

銀行系カードで借りる場合のメリットは、利息が低いので無理なく返済することができることです。しかし審査が非常に厳しく、借りるまでに時間がかかってしまうのがデメリットです。

信販系のカードを使うときのメリットは、クレジット機能が付帯していることです。お金を借りること以外にも、カードを使ってショッピングが出来るのです。その際にローンも組んで返済することも出来るのです。利息はやや高いですが、銀行系のカードと比べて審査が早いので、申込みをしてからすぐに借りることが出来るのもポイントです。

審査がどこよりも早くてすぐに借りることが出来るので非常に便利なのは消費者金融系のカードです。ただし、デメリットもあり他のカード会社に比べて借り入れ利率が非常に高く、返済額を他の銀行系や信販系のものを利用したときと比べると、かなりの違いが出てきます。

カードローンを利用するときには、無理のない返済を心がけるためにも、しっかりと情報収集してカード会社を選びたいものですね。

カードを作る際には、メリット・デメリットを理解し自分の返済スタイルに合ったものを選択することがポイントです。しっかりと利点を理解した上で、どのカードローンにするか決めましょう。

誰でも生活していれば、急にお金が必要になるときもあります。毎月のお給料では足りない時もありますから。

カードローン地獄

カードローン地獄


カードローン地獄へ落ちないように。

カードを利用する際に返済に困ることを前提に借り入れをする人は誰もいないでしょう。誰しも、たくさんあるカードローン種類やその仕組みを理解して、自分の貯金や収入をきちんと把握した上で、カードローンを使用していると思うのですが。

そんな方しっかりと準備をして借り入れをした人でも、「カードがあるから大丈夫」というちょっとした心の油断が原因で知らないうちにカードローン地獄が始まっていたという場合も少なくありません。

学校を卒業して、晴れて社会人となって、はじめてカードが持てる喜びもあると思います。しかしその喜びに浮かれて支払いは全部カードを使ってなんでも買い物をしていると、後が怖いですよ。

カードローンは大変便利なものなので、いまや生活に切っても切り離せないものとなっています。しかし怖い存在のひとつでもあります。カードの利用の仕方を間違えると、天使にもなり、悪魔にもなるとても怖いものです。

いろんな機能がついてメリットもたくさんあるので、利用方法はくれぐれも間違えないようにしたいものです。とっても便利なカードローンですが、あくまでも自分の貯金でも収入でもないことをいつも覚えておくことです。

カードローンは、借りているお金なのだと自覚していれば、使い過ぎず、生活にとって便利なものとなります。しかし、多くの方がいつのまにか自分のお金と勘違いして、普段の買い物でどんどん利用してしまい、届いた明細書を見てビックリということもあるようです。

はじめから何社ものカードローンを使っている人はいません。でも他の会社のカードローンを利用して、さらにお金を借りているという方もよく聞きます。あまりにもずさんな使い方をしていると、返済期日が来てはじめて自分の収入だけでは支払えない額になっていることに気づいて、やむを得ず新しい会社でカードを作っているようです。

一度で終われば良いですが、そこが人間の心の弱さなのでしょう、また借りることが出来るからと思ってしまうのです。知らないうちに利息も加わって、返済額が予想以上に増えていて返済に追われるように・・・。

ささいなきっかけから、カード会社を増やしたばっかりに、意識していなくてもついつい複数枚のカードを使うようになる可能性は高いようです。そして、いつの間にか利用明細書の山が届くようになり、ついには督促状の山となって、カードローン地獄から抜け出せなくなってしまうのです。

ほんの些細な気のゆるみから、借金地獄へと落ちてしまうのです。カードローン地獄などありえないと思っている人も、気を付けてください!「知らず知らずのうちに」がカードローンの怖いところです。

カードローンの使い方

カードローンの使い方


クレジットカードを使っての借り入れやショッピングは一切しないことが、お金に関して心配のない生活を確保するための一番の方法だと考えれられますが、カードローンを使うメリットや、カードには便利な機能もたくさんついているので一概には、カードを持たないほうが良いとも言えません。

かならず覚えておいて欲しいのが、クレジットカードも現金であるという点です。カードを使用することで、ポイントが付いたり、割引をしてくれたり、特典はいろいろあります。

カードローンは間違った認識をして間違った使い方をすると、すぐにカードローン地獄へと落ちてしまいます。

カードローンについている便利な機能はあくまでも利息付の借金だと考えることがポイントです。

これからカードを持とうとしている人は、どのカード会社が良いのか、事前に調べておくことが必要です。カードを選択する際には、自分がいつも使っているデパートや、口座をもっている銀行など、自分にとって少しでも得するカードの方が、使っていて楽しいものとなります。

自分の収入を考えて、カードローンの利用限度額を決定し、お金を借りる時には、その収入に見合った借り入れ金額はどれくらいなのかを把握してから、その利用限度額を決めたいものです。

そして、支払方法が選択できるので、収入の目安を参考に、一括払い、分割払い、リボルビング払いを選んで、計画的に返済していきましょう。

カードを作ったならば、カードを持つ者の責任、自分自身の責任として上手に利用するよう心がけたいものです。カードローン地獄へと導く危険なものばかりでは決してないのです。

本来、自分の生活にとても役に立つものであり、カードについているいろんな便利な機能は生活する上で重宝するものばかりです。カードローン地獄と無縁になるには、自覚が必要です。使い方を自分で考えることが重要なのです。

いま現在も返済に追われカードローン地獄真っ只中の人もいるかも知れません。

今までのカードの使い方が正しいのか間違っているのか、もう一度見直す必要があります。


さらに深い本当の地獄へ落ちる前にです。


<<前の5件  1 2  



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。